大阪の病院で眼瞼下垂の手術を受ける

大阪で健康保険で眼瞼下垂の手術をしました

瞼が下がって物が見えづらくなり眼瞼下垂と診断される : 大阪のクリニックで拳筋短縮術の手術を受ける : 術後は目元がはっきりし術前よりも良く見えるように : 大阪で健康保険で眼瞼下垂の手術をしました

32歳の時に眼瞼下垂を患ったことがあります。 眼瞼下垂とは眼筋疾患や加齢、コンタクトレンズ装用や自己免疫疾患などの先天的や後天的理由で、上まぶたの機能に障害が生じてまぶたが開きづらくなる疾病の一つです。 読み方はがんけんかすいで、私の場合はコンタクトレンズが原因でした。 ハードコンタクトレンズを使用していたのですが、うっかり付けたまま眠ったりしていたので完全に自己責任です。 最初はまぶたがぴくぴく痙攣して、疲れ目かなくらいにしか考えていなかったのですが、だんだんまぶたが開きにくくなり、あわてて眼科に行ったら眼筋疾患と診断されました。 手術方法としてまぶたの表の皮膚側から切開を行う経皮法と、まぶたの裏の結膜側から手術を行う経結膜法があり、美容外科などで健康保険適用外での手術も可能です。 幸い病気が原因だったので私の場合は健康保険が適用され、当時住んでいた大阪には眼瞼下垂の手術をしてくれる病院がたくさんあったので、自宅から近くダウンタイムにも気づかいをしてくれる病院を選べました。 傷もほとんど目立たず、手術後はコンタクトレンズの扱いに慎重になったため再発もしていません。 もし頻繁にまぶたがピクピクする人がいたら、ぜひ眼科を受診することをおすすめします。